資格不要で一生働ける能力が身に付く仕事

歯科助手とは、歯科医が業務を円滑に行なえるようにサポートするのが役目です。歯科助手になるための資格は存在するものの治療に携わるわけではないため、資格を取得していなくても勤務することができます。

その仕事内容は使用する機器関係の用意や使用後の衛生管理、道具類や薬品関係の受発注を行なうための管理、受付での患者さんへの対応や予約管理とパソコンを使ってのカルテ管理、患者さんと一緒に来た小さなお子さんや観葉植物の面倒を見るといった業務もあります。また、雑草の除去や冬時期なら除雪といった雑務も盛り込まれている歯科医院も、中にはあるでしょう。これから歯科助手を目指す人はこういう仕事があるという事も覚えておきましょう。

また、どこの歯科でも共通して言えるのが、患者さんに安心感を持ってもらえるように笑顔で暖かく対応できる人でないといけないという所です。歯科医と聞けば不安感を感じる人が多いのも現状ですので、会話と接客が好きな人には向いている職種といえます。歯科助手は治療そのものを行なってはいけないため、基本的には雑務の大半が業務内容となります。さらにいえば、治療中においては使用する道具を揃えたり、治療中によく見られる唾液の吸引道具を使用して、唾液を取り除くサポートを行ないます。

この仕事の特徴としては、資格がない状態で働けることと、年齢を重ねても歯科医院が存在する限りずっと働き続ける事ができ、自然と能力が身に付くところがメリットになるでしょう。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です